お花を宅配するドイツフローリストが作る世界で一つのおしゃれな花『花匠美』

花匠美のこだわり お花の上手な贈り方 お客様の声 よくある質問 ブログ

解らないことはプロに相談、即解決! 無料相談サービス


 

無料相談サービスが絶対必要だと思った理由がありました

お花の事が解らないのが普通だから
花屋をやっていると日々花に囲まれ、花の注文をたくさん受け、
世間で何が常識で何が常識でないのか
わからなくなってきます。

でも、私たち花屋にとって常識の事もお客様が解らないのは普通のことです。

実際お花を買い慣れていない人にとって、突然花を買わなければならなくなった時
まったく未知の世界でどうしたらよいのか解らなくなってしまうのも無理はないと思います。

それは、「この場合はいくらの物を贈ったらよいのか解らない」から始まり
誕生日、御供え、御祝い どんなお花を贈ればよいのか解らない。

「上司の奥さんにお花を贈るのはあり?」
その他様々な疑問があると思います。

以前何気なく知恵袋を見た際、
皆さんお花に関して様々な疑問をもっていらっしゃいました。

私たち花屋にとって、そんな簡単な質問 というようなことが殆どで、
しかも、全く見当違いの答えがベストアンサーになっていたりして、
花屋に質問すれば一発で解決なのに と、もどかしく思いました。

ネットでの買い物は店頭での買い物と違い顔を合わせることがなく、
なかなか聞きにくいと思います。 だからこそ、“ネットショップでも気軽に相談できる花屋”でありたいと思います。


お花の無料相談  
お花の無料相談


 

お花をただ贈ればいい時代は終わったから

私が花の仕事をしていて感じたこと、“お花をただ贈る時代は終わった”  ということ。

どういう事かというと、昔は綺麗なアレンジを作成する技術もなく、
ただお花をまとめて贈れば喜ばれたかもしれません。

でも今は違います。

“ワンランク上の特別感のある花”でないと喜ばれなくなってきました。
  “お花はメンツに関わる。変な花を贈ったら恥になる”
お客様の言葉で、私自身がそうだなぁと思った言葉です

センスのない花を贈るということは、贈った人自身にセンスがないと思われてしまう、
または、 お花の贈りものをいい加減な気持ちで適当に選んだと思われる事を
心配しているのです。

“特別感のある花”はおしゃれに作るのも方法の一つ。でも他にもいろいろあります。

お花のプロだから浮かぶアイディアはたくさんあります。

だからこそ、相談してもらいたい と思います。



 

今まで感動されたお花のプレゼントの一例です



3周忌のお悔みのお花をご注文頂きました。

故人がお花を育てることが大好きで、特にダリアがお好き だったと伺いました。

ダリアを使用したアレンジをご提案しました。


213 奥様が“主人が大好きなお花を覚えていてくださったのですね。”と感激されて

“庭で主人がダリアを育てよく眺めていたことを思い出しました”

と涙ぐまれたそう。

本当に感謝された とお喜びの声を頂きました。




ご友人の開店祝いにエールを送る特別なお花を贈りたいとのご相談を承りました。

“応援している気持ちが伝わるアレンジ”をテーマにし青いバラを使ったアレンジをご提案


365 バラは遺伝子上、青くすることは不可能とされています。

その為青いバラは、

“夢が叶う”“不可能を可能とする”という花言葉をもつ

素敵なお花です。

「縁起の良いお花をもらって、勇気を貰った感じがする。

自分は本当に支えられている事がわかって嬉しい」

と大変喜んで頂けたようです。




料理が趣味の友人の為に、スペシャルな花束を贈りたい

お話を聞くと最近イタリア料理にはまっているというお話がでました。

イタリア料理の食材で作った花束をご提案。


123 オリーブオイル、パスタ、トマト、グリーンもミントやオレガノ、

ローズマリー等そのまま食べられるものを使用しました。

「こんな花束初めて見た」とオンリーワンの花束に

大変感激して頂きました。


お花の無料相談  
お花の無料相談